寄付のお願い(ミエルカ2014)

Share on Facebook
LINEで送る

音の出る漢字カードをボランティア日本語教室に60セット届けるためのご寄付に協力お願いいたします。ミエルカ2014

 

にわとりの会は今、事業指定プログラムミエルカ2014に参加し、あいちコミュニティ財団と共に寄付を集めています。

 

愛知県内には、150を超える日本語教室があります。去年のミエルカによって集まった寄付により、今年度はそのうちの40団体に漢字カードを届けることができました。 たくさんの子どもたちが漢字カートを使って学び、にわとり式漢字検定を受けてくれました。

 

(名古屋YWCAガリ勉クラブの様子です)

http://nywcagariben.blog.fc2.com/blog-entry-74.html

 

今年も、新しい20団体には1,2年カードを、すでに使っていただいている団体にはさらに上級のカード40セットを届けたいと考えています。(1,2年セットの場合、カード256枚、ドリル、音声ペン、マニュアル、3年生以上はカードが一学年につき約100枚)

 

1000円のご寄付でなぞり書きドリル1冊または音の出るカード10枚が子どもたちに届けられます。5000円のご寄付で音声ペン1本が届けられます。

 

目標は150万円ですが、現在集まっているのは27万円です。現在1,2年生セットを使って、漢字学習の面白さを知った子どもたちに3,4,5,6年セットを届けたい。しかし、今のままでは、、、 この計画は実行できないことになってしまいます。今年、すでに、漢字カードを使っている団体に次のシリーズを届けたい、母語と音声とイラストの助けのある状態で漢字学習をすれば、小学校配当漢字全てを義務教育中に身につけることが可能なのですが、このままでは、資金不足でこの企画が実行できなくなってしまいそうです。

 

愛知でこのカードセットを使った漢字学習の効果を明らかにし、漢字学習に挫折する子どもを減らしたいと思うのです。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

クレジットカード決済

http://kessai.canpan.info/org/aichicommunity/donation/100545/

 

郵便振替

口座記号番号 00800-7-183220

加入者名「公益財団法人あいちコミュニティ財団」

※通信欄に「漢字カード」と必ず明記してください。

 

事業指定プログラム「ミエルカ」とは、あいちコミュニティ財団と参加する市民公益活動団体(NPO)が一緒になって寄付を集める“志金”調達サポートプログラムです。「地域で今、何が起きているか?」「課題は何か?」を広く訴え、その解決策(=参加NPOが行う取り組み)への寄付金を財団経由で集め、集めた寄付金から運営費を除いた額が助成金として交付されます。

 

ミエルカ2014について

http://aichi-community.jp/mieruka_program

カードを使用する子ども