にわとりの会の具体的な活動

  • にわとりの会の具体的な活動について
  • にわとりの会は、成長途中の外国人児童(主に6〜15才)の学習言語習得を応援する会です。
  • にわとりの会は、成長途中の外国人児童(主に6~15才)の学習言語習得を応援する会です。

  • Check plan Do!
  • トップへ戻る

  • 教材開発
  • 「文字だけの教材ではなく、音声が出る教材」
「自学自習も可能な教材」
「学習者の学びやすさを優先した教材の配列」
「義務教育9年間の教科学習内容をできるだけ短期間で習得できるように工夫した教材、いくつかの教科で関連している事柄をまとめて学ぶことのできる教材」
  • にわとりの会は、外国人児童に初めて出会う教師、ボランティアでも使いやすく効果のでる教材の開発をしています。そのために4つの条件をみたす教材開発を目指します。

    ・日本語、母国語の音声がでる教材であること

    ・自学自習できる教材であること

    ・学習順番が外国人児童に適した教材であること

    ・多教科を短い期間で効率的に学習できる教材であること

  • 母国語で学習できる教材!音声が出る教材!自主学習できる教材!
  • トップへ戻る

  • カリキュラム開発
  • 本来ならば、義務教育の9年間で学ぶ教科内容を短期間で学ぶことのできるカリキュラムを提案していきます。
  • 外国人児童それぞれの発達段階に対応できるカリキュラム、多教科を短い期間で効率的に学習できるカリキュラム、現場で通用するカリキュラムを、教育現場からの目線で開発することを目指しています。

  • 国語 理科 家庭科
  • トップへ戻る

  • チェックテスト開発
  • 個々の学習進度を正確に把握することで、その児童生徒に合ったカリキュラム、教材が提示できます。
  • 外国人児童それぞれの学習進度を正確に把握する、学習進度に沿ってカリキュラムを適応、教材の提案、再び学習進度を把握して学習の成果を確認する。このcheck plan do(チェックテスト、カリキュラム、教材)のサイクルを繰り返すために、学習進度を正確に把握するチェックテストを開発します。

  • Check
  • トップへ戻る

  • セミナー、ワークショップ開催
  • 外国人児童に携わる先生やボランティアの方々・保護者の方々と情報交換する場を作っていきます。
  • 外国人児童に携わる教師、ボランティアの方々の持つ多くのノウハウが全国に潜在しています。

    ・現場のノウハウを共有するセミナー

    ・保護者が子供の現状を理解するためのセミナー

    ・にわとりの会開発教材の活用方法を考えるセミナー、ワークショップなど各種セミナー、ワークショップ

    により、全国に潜在するノウハウの集積、共有を目指します。

  • 「マイケルくん10分くらいで集中力が切れちゃうんです」「3、4年生ぐらいまでの子は日本人でもそのくらいの集中力だネ」「15分かけて課題を終えたら皆でカルタとりをして遊びましょう!など言ってあげるといいネ!」
  • トップへ戻る