にわとり式かんじカード

  • にわとり式かんじカードについて
  • 漢字を覚えるのに、音声が必要なのですか?

  • 日本語に限らず外国語を習得するためには、その言語を耳で聞くことが必要です。漢字の学習も日本語学習の一部なのです。目で見て書く学習に加え、耳で聞く学習を加えると漢字を覚えやすくなります。また、その例文が現す状況を思い浮かべやすい効果音も盛り込んであるので,楽しく学習することができます。

  • トップへ戻る

  • 画数の少ない漢字から、順番に学んでいく利点は何ですか?

  • 母国語でアルファベット(多くて三画)を使っている人にとって、漢字はとても複雑なものです。そのため画数の少ない漢字から入ると抵抗が少ないのです。また、一見とても複雑そうに見える漢字でも、実は画数の少ない漢字(=知っている漢字)の合成によってできていることが多いので、画数の少ない漢字学習が重要です。そのため、学習意欲の豊かな学びはじめのところに画数の少ない漢字を配置しました。

  • トップへ戻る

  • なぜ、なぞり書きが有効なのですか?

  • 漢字はとても複雑なので、まずはなぞって、正しい文字を覚えます。最初から、見たものを書き写すと間違いが発生してしまいます。

  • トップへ戻る

  • なぜ、一つの例文に音読みと訓読みが含まれているのですか?

  • 一つの文字に複数の読みがあるのは珍しく、日本語以外が母語人々にとって困難を感じるところです。漢字学習の初期にこの日本語の特徴を教え、以後の学習をスムーズにするためです。また、同じ漢字を何回にも分けて学習するのではなく、一度に覚えると効率がよいからです。

  • トップへ戻る

  • 例文の外国語訳はどのように利用するのですか?

  • その外国語を母語としている児童が見出しの漢字とその例文の意味を知るためです。また、音声で母語ができる人の文字学習に使う、日本人が外国語の学習に使うということも可能です。

  • トップへ戻る